オイル系クリーム系さまざまなソースに合う伝統的な職人仕事で作られる メーカー直送 小麦の香りと深い味わいが特徴の贅沢パスタ 伝統製法パスタ アーティナザル パスタ ルスティケーラ スパゲッティ ダブルッツォ 高級パスタ 500g 常温 2.0mm イタリア産 420円 オイル系クリーム系さまざまなソースに合う伝統的な職人仕事で作られる、小麦の香りと深い味わいが特徴の贅沢パスタ 伝統製法パスタ(アーティナザル パスタ) ルスティケーラ スパゲッティ 2.0mm 500g ルスティケーラ ダブルッツォ 高級パスタ イタリア産 (常温) 食品 麺類 パスタ ロングパスタ スパゲティー 420円 オイル系クリーム系さまざまなソースに合う伝統的な職人仕事で作られる、小麦の香りと深い味わいが特徴の贅沢パスタ 伝統製法パスタ(アーティナザル パスタ) ルスティケーラ スパゲッティ 2.0mm 500g ルスティケーラ ダブルッツォ 高級パスタ イタリア産 (常温) 食品 麺類 パスタ ロングパスタ スパゲティー 420円,ルスティケーラ,ルスティケーラ,www.filtechfabrics.com,高級パスタ,/nagasaki,(常温),ダブルッツォ,500g,スパゲッティ,伝統製法パスタ(アーティナザル,パスタ),食品 , 麺類 , パスタ , ロングパスタ , スパゲティー,イタリア産,オイル系クリーム系さまざまなソースに合う伝統的な職人仕事で作られる、小麦の香りと深い味わいが特徴の贅沢パスタ,2.0mm 420円,ルスティケーラ,ルスティケーラ,www.filtechfabrics.com,高級パスタ,/nagasaki,(常温),ダブルッツォ,500g,スパゲッティ,伝統製法パスタ(アーティナザル,パスタ),食品 , 麺類 , パスタ , ロングパスタ , スパゲティー,イタリア産,オイル系クリーム系さまざまなソースに合う伝統的な職人仕事で作られる、小麦の香りと深い味わいが特徴の贅沢パスタ,2.0mm オイル系クリーム系さまざまなソースに合う伝統的な職人仕事で作られる メーカー直送 小麦の香りと深い味わいが特徴の贅沢パスタ 伝統製法パスタ アーティナザル パスタ ルスティケーラ スパゲッティ ダブルッツォ 高級パスタ 500g 常温 2.0mm イタリア産

オイル系クリーム系さまざまなソースに合う伝統的な職人仕事で作られる メーカー直送 小麦の香りと深い味わいが特徴の贅沢パスタ 伝統製法パスタ アーティナザル パスタ ルスティケーラ スパゲッティ ダブルッツォ 限定価格セール 高級パスタ 500g 常温 2.0mm イタリア産

オイル系クリーム系さまざまなソースに合う伝統的な職人仕事で作られる、小麦の香りと深い味わいが特徴の贅沢パスタ 伝統製法パスタ(アーティナザル パスタ) ルスティケーラ スパゲッティ 2.0mm 500g ルスティケーラ ダブルッツォ 高級パスタ イタリア産 (常温)

420円

オイル系クリーム系さまざまなソースに合う伝統的な職人仕事で作られる、小麦の香りと深い味わいが特徴の贅沢パスタ 伝統製法パスタ(アーティナザル パスタ) ルスティケーラ スパゲッティ 2.0mm 500g ルスティケーラ ダブルッツォ 高級パスタ イタリア産 (常温)



ルスティケーラ スパゲッティの詳細

名 称ルスティケーラ スパゲッティ
内 容500g  太さ:2.0mm
原産国イタリア
原材料デュラム小麦のセモリナ、水
賞味期限商品に別途記載
調理方法茹で時間:9~11分
保存方法直射日光を避け冷暗所で保存
輸入者株式会社アルカン
東京都中央区日本橋蠣殻町1-5-6
発送方法常温
同 梱冷蔵品、常温品の同梱ができます

ルスティケーラ スパゲッティについて

オイル系クリーム系さまざまなソースに良く合うスパゲッティ。

厳選されたデュラム小麦のセモリナをブロンズタイプで打ち抜き、長い時間をかけてじっくり低温乾燥させる事で、粉の風味を感じる味わいに仕上げました。

ブロンズダイスで成形したパスタは表面にざらつきが残り、ソースが良く絡みます。

昔ながらの伝統的な職人仕事でつくられるパスタは、大量生産では決して味わえない小麦の香りのするちょっと贅沢なパスタです。

ルスティケーラ スパゲッティの特徴

  • 2.0mm
  • いろいろなソースに合う万能パスタ
  • 伝統製法パスタ(アーティザナル パスタ)
  • 長時間じっくり低温乾燥
  • 小麦の香りがする
  • パスタの表面がザラザラ
  • ソースがよくからむ
  • デュラム小麦のセモリナ
  • ブロンズダイス
  • 伝統的な職人仕事で作られる
  • 大量生産しない
  • 贅沢パスタ

ルスティケーラ ダブルッツォについて


1924年、イタリア中部アブルッツォ州に、のちにルスティケーラとなるパスタ工場が建てられ、1981年に「ルスティケーラ ダブルッツォ」としてスタートしました。

イタリア・アブルッツオ州ピアネッラの伝統的な製法で、最高の小麦粉と時間をかけて作られたルスティケーラのパスタは一流イタリアンシェフに選ばれ、現在では65ヶ国もの国へ輸出しています。


スパゲティ / スパゲッティ / パスタ
おすすめ利用シーン
イタリア料理(イタリアン)毎日の食事、ランチ、ディナー、おもてなし、パーティ

パスタ料理をさらにおいしくする食材
 ・大理石熟成 豚バラ肉の生ハム「パンチェッタ」
 ・24ヶ月熟成使い勝手の良い「パルミジャーノレジャーノ」
 ・国産バジル使用チーズ屋さんが作った「バジルソース」
 ・甘みとうまみのある辛すぎない「唐辛子ペースト」

オイル系クリーム系さまざまなソースに合う伝統的な職人仕事で作られる、小麦の香りと深い味わいが特徴の贅沢パスタ 伝統製法パスタ(アーティナザル パスタ) ルスティケーラ スパゲッティ 2.0mm 500g ルスティケーラ ダブルッツォ 高級パスタ イタリア産 (常温)

2021年7月16日 (金)

Teams : 「コンピューターサウンドを含む」が機能しない ("Include computer sound" not working)

の Microsoft Teams 歴は15か月ほどになるが、「オンラインミーティングで音声付きのビデオを共有」するのは、はじめてのことである。

Windows版Teamsに比べると新機能の実装が遅れがちのMac版(macOS版)ではあるが、やや遅れがちという範囲である点、助かっている。

「オンラインミーティングで音声付きのビデオを共有」する件についても、Mac版に正式に実装されたのは数か月以内のことのようだから、何とか間に合ってよかったと思っていた。

はじめは簡単にはうまくゆかなかったが、できるはずだと信じて、インターネット情報を元に、さまざまな組み合わせで試行錯誤した。延べ3時間くらいは頑張った。が、うまくゆかない。

そこで、いくらインターネット情報やYouTubeビデオで説明を見ても、成功例を知らないと始まらないと思い、Windowsパソコンで「オンラインミーティングで音声付きのビデオを共有」を試みた。
 ↓その結果
あっさりと、説明通りの正常な動作が確認できた。

これを踏まえたMy見解は次の通りである。

以下の組み合わせでは「コンピューターサウンドを含む」(→ より分かりやすいと思われる和訳は「コンピューターサウンドを含める」)は機能しないようだ。

  • MacBook Pro (13-inch, M1, 2020)("M1"は"Apple M1"のことである)
  • macOS Big Sur (version 11.4)
  • Teamsのバージョンに関する情報は「Microsoft Teams バージョン 1.4.00.16263 がインストールされています。 2021-07-16に更新されました。」

【追記:2021年7月17日】
 僕と同様の環境(Apple M1 と macOS Big Sur)で、「コンピューターサウンドを含む」が機能することを説明するYouTube動画が散見されるが、本当に正常に機能しているのか疑問が残る。その理由は、それらの動画では、Teamsのマイクがミュートになっていない(=音声ONである)からである。
 僕自身も当初、「コンピューターサウンドを含む」が正常に機能していると誤解していたことがあった。よく確認してみたところ、「MacBook内蔵スピーカー」の音を「MacBook内蔵マイク」が拾い、それがTeamsミーティングに流れていたのだった。ミュートにしたりヘッドセット(ヘッドフォン)を繋ぐと音声が届かないことに気づき、解決策の調査と試行錯誤に入ったのだった。
 このことは、条件さえ満たせば(=再生する音声以外の余計な音が発生しない状況であれば)、「コンピューターサウンドを含む」が機能しなくても、Teamsミーティングに音声を届けることが可能であることを意味している。

|

2021年7月15日 (木)

新しいMacBookと古いMacBookの比較 —— MacBook Pro (13-inch, M1, 2020) vs. MacBook Pro (13-inch, 2016, Four Thunderbolt 3 Ports)

が現在使っている(2021年に購入した2020年モデルの)MacBook Pro と、それまで使っていた2016モデルの MacBook Pro の比較である。

はじめてMacに触れた(=アメリカで購入して帰ってきた友人のMacに触れさせてもらった)のが1989年頃で、はじめて(もっぱら自分が使う)Macを購入したのが1990年だから、いま(=2021年)では30年来のMacユーザーだが、2つのモデルを対比したいと思ったのは、はじめてである。

対比したいと思った理由は、以下で詳しく述べるように多数あるが、簡単に言えば「進化」の驚きと「復活」の歓迎である。

このノオトのタイトルには、Appleの正式な表現を用いたが、それだけでは分かりにくいと思うので、まずは、ここで比較する2つのモデルの基本を整理しておく。
┏━━━━━━━━━━━━
 ●MacBook Pro (13-inch, M1, 2020)(以下では【2020モデル】と呼ぶことにする)
 【Appleプロセッサー】M1は M1 chip のことで、Apple Silicon とも呼ばれている。それまでは、AppleはIntel社のプロセッサーを用いていたが、この M1 chip はAppleが独自開発したプロセッサーである。この MacBook Pro は M1 chip が用いられたはじめてのモデルである。
 【USB-Cポート×2】USB-Cポートは2つである。

 ●MacBook Pro (13-inch, 2016, Four Thunderbolt 3 Ports)(以下では【2016モデル】と呼ぶことにする)
 【Intelプロセッサー】プロセッサーはIntel社製である。
 【USB-Cポート×4】Thunderbolt 3 はUSB-Cポートである。つまり、USB-Cポートが4つある。
┗━━━━━━━━━━━━

さて、2つのモデルについて、僕が感じた、あるいは、僕が思う、違いを対比したい。
┏━━━━━━━━━━━━

【2020モデル】の方がいい点

  • 【2020モデルの方が】バッテリーの持ちが(驚くほど)いい
    ‥‥感覚では3倍くらい
  • 【2020モデルの方が】Escキーが使いやすい。物理キー(実体としてのキー)だからである。
    ※【2016モデル】のEscキーは、Touch Bar に画像として存在した。
      実のところ、Escキーについては画像キーにすぐ慣れることができ、打鍵ミスも意識に残らない程度だった。しかし、いざ、2020モデルで物理キーに戻ったら、ストレスが半減したように感じる。画像キーは無意識にストレスだったのだろう。
  • 【2020モデルの方が】キーボードのキーが(僕には)打ちやすい。打鍵音も静か。
    ※【2020モデル】が“シザー”キーで、【2016モデル】は“バタフライ”キーだった。
     詳しくは「園芸・農業資材 園芸・その他 園芸その他 OH・びっくりバード(L) 徳用5枚組 コンパル 0」などを参照。
  • 【2020モデル】は(ホームポジションから、手元を見ずに感覚で上下左右キーに手を移動させて使う際に)上下左右キーの上下キーの打ち間違えのしにくいデザインに変更された(実のところ「以前のデザインに戻った」‥‥デザインが復活した)。上下キーの打ち間違えは、指先の感覚で上と下の判別が付かないことに原因があった。
    ※【2020モデル】は(2016より前のモデルがそうであったように)上下左右の矢印が逆T字(つまり┻)配置である。それに対し【2016モデル】は、逆T字の余白を埋めるように左右矢印キーの奥行きが2倍になっていた。見かけだけを表現すれば■■■であった。
┗━━━━━━━━━━━━
┏━━━━━━━━━━━━

【2020モデル】の方が悪い点

  • 【2020モデル】は VMware Fusion(などの仮想化アプリケーション)でWindowsを動かすことができない
    ※ Windowsパソコンユーザー向けに授業や講習を実施する際に、(Macユーザーの僕がWindowsでの)動作確認をする上で間違いのない確認ができた。
    ※ 文書提出フォーマットがワードやエクセルで指定されている際に、(Windowsパソコンでの)見えのくずれを心配せずにすんだ。
  • 【2020モデル】はUSB-Cポートが少ない(2つ)
    ※【2016モデル】は4つ
    ※ ただし、【2016モデル】ではAC電源に繋ぎっぱなしにすることが多かったのに対し、【2020モデル】はバッテリーの持ちが(驚くほど)いいため、電源に繋ぐ機会も時間も大幅に減った。どちらのモデルもAC電源からの電力供給にはUSB-Cポートを使用するから、電源に繋ぐ必要が減った【2020モデル】では、電力のためにUSB-Cポートを使う機会が劇的に減った。したがって、数だけでいえば【2016モデル(USB-Cポート×4)】と【2020モデル(USB-Cポート×2)】のポート数の差は 4 - 2 = 2 であるが、(長時間の使用ではAC電源に繋いで使っていた【2016モデル】の事実上のポート数は3であるから)事実上のUSB-Cポート数の差は 3 - 2 = 1 である。
┗━━━━━━━━━━━━

|

2021年6月18日 (金)

Teams:突然のトラブル発生と解決:ビデオのフリーズと音声遮断

【追記:2021年7月16日(金)】残念ながら、同じ症状(ビデオのフリーズと音声遮断)が発生するようになってしまいました。現在も、解決へ向けて試行錯誤中。

★ 結論は最下部にあります。

昨年(2020年4月)以来、オンライン活動——授業や会議——で、Microsoft Teams が欠かせない状況が続いている。

数日前まで(2021年6月13日(日)まで)、トラブルとは無縁で、順調そのものだった。
が・・・・、突然、トラブルが発生した。

相手のビデオや音声は問題なく見えて聞こえているのに、こちら側のビデオがフリーズし(固まり)、音声も遮断された。
自分ではまったく気づかなかったから、相手に言われて初めて気づいた。

月曜と火曜、4回のオンラインミーティングを開催したが、そのすべてで、この障害が発生した。

当初、アプリケーションがひっそりとアップデートしたによる障害を疑ったが、macOSアプリの「Microsoft Teams について」で確認したところ
┏━━━━━━━━━━━━
Microsoft Teams バージョン 1.4.00.11161 がインストールされています。 2021-05-23に更新されました。
┗━━━━━━━━━━━━
となっており、アップデートが理由ではないことが分かった。

トラブル発生のタイミングでは、パソコンの設定変更やOSアップデートは行なっていなかったから、原因は思い当たらなかったが、ともかく、障害を早く解決したいから、解決のヒントを求めてWeb検索した。

検索結果で目に留まったのは、Teamsアプリケーション設定にある
┏━━━━━━━━━━━━
GPU ハードウェア アクセラレータを無効にする
※ 言語設定が英語なら "Disable GPU Hardware Acceleration"
┗━━━━━━━━━━━━
であった。

と同じトラブルの例には巡り会わなかったが、ともかくも試してみた。
「GPUは使うに越したことはない」との先入観を持っていたが、Web情報では、その設定をする(=GPUを無効にする)ことでさまざまなトラブルが解消する事例が紹介されていたから、ダメ元で試してみた。

その結果、今のところトラブルなく順調に、ビデオON、サウンドONで、Teamsが使えている。

まとめると、結論として、
┏━━━━━━━━━━━━
Microsoft Teams(バージョン 1.4.00.11161)を、MacBook Pro (13-inch, M1, 2020)、Apple M1、macOS Big Sur 11.4 で使用中に、
Teamsの設定で「GPU ハードウェア アクセラレータを無効にする」を有効にしたら、ミーティング中にビデオがフリーズし、音声が通じなくなる障害が発生しなくなった。
┗━━━━━━━━━━━━
ということである。

|

2021年4月 7日 (水)

【正常な動作を確認】macOSアプリ:Keynote:オンラインミーティングで役立つ機能が追加された

AppleのプレゼンテーションアプリKeynoteに導入されたものの、Microsoft Teams では期待通りに機能しない問題について、ノオト「macOSアプリ:Keynote:オンラインミーティングで役立つ機能が追加された」で述べた。

Zoomとの組み合わせでは当初から機能していたのだが、Teamsとでは機能しなかった、(全画面ではなく)ウインドウ内でプレゼンテーションする機能である。

ふと思い出して、動作確認したところ、期待通りに機能することが確認できた。

【バージョン情報】
 Apple Keynote:version 11.0.1
 Microsoft Teams:バージョン 1.4.00.7175

|

2020年12月29日 (火)

Microsoft Teams のオンライン授業で学生が質問しやすくなる環境の実現方法

対面授業で受講生に課題に取り組んでもらっているときなど、教室を巡回し質問のある学生に声をかけられ返答する状況を、オンライン授業で実現する方法についてである。
┏━━━━━━━━━━━━
「これは上手いやり方じゃないか!」と思いつくことはたくさんあるが、期待通りに成功することは少ない。そのような中にあって、これから述べる方法は成功例といっていいと考えている。
┗━━━━━━━━━━━━

疑問があるから、あるいは確認したいことがあるからといって、教室でみんなの前で質問するのは気後れしてしまう。
気後れする必要はないんだよと言われても、疑問の重大さと気後れの大きさを天秤にかけて、疑問を飲み込んでしまうこともあるだろう。

対面授業で教師が教室を巡回し、近くに来たときに、(近くの数人には聞こえるかもしれないが)教室中には聞こえない小声でのやりとりも重要である。
質問した当人の疑問が解消できる機会となるのはもちろん、教師として、受講生の多くが共通に抱いている疑問に気づける機会でもある。さらには、教師の説明不足や説明ミスに気づける機会でもある。

Microsoft Teams での、この状況の作り方と運用法を以下に示す。

  1. 全員へ向けた授業のためのチャネル以外に、「質問ルーム」チャネルを作成する。
  2. 受講生が課題への取り組みを開始したら、教師は「質問ルーム」に移動し“ひとり会議”を立ち上げる。
  3. 質問のある受講生は、「質問ルーム」の会議に参加する。
    ただし、次の約束を設ける:
    • 質問ルームの会議に参加する受講生は、同時には1名までとする。(誰かが会議に参加しているかどうかは参加者アイコンで確認することができる。)
    • 質問中の人がいる場合には、「質問ルーム」チャットに「次、お願いします」などと書き込む。
  4. 教師は、質問者とのやりとりを終えたら「質問ルーム」会議チャットを確認し、早い順に「いいね」を押す。
  5. 「いいね」を押された人は会議に参加する。
改善や発展の余地はあるだろうが、誰もが気後れせずに(躊躇なく)質問できる環境の基本は実現できていると思う。

【補足】ひとつずつ手順を示した書き方が分かりやすいとは限らない。さまざまなマニュアル(取扱説明書)はステップ(手順)を踏んで書かれているが、そのような書き方は、既に分かっている人の思考の整理にはなっても、まだ分からない人には理解しにくいことがあると思っている。そこで、要するに何をしているのか補足するために、「質問ルーム」に掲載している案内文を引用する。この案内文だけで、十分に利用法が伝わっているようだ。

誰かが質問中の場合(または「いいね」されていないメッセージが残っている場合)には、チャットに「次、お願いします」と書き込んでください。空き次第、書き込みに「いいね」します(「いいね」されたら会議に参加してください)。

|

«MacでmacOSを使うと同時に、アプリケーションとしてWindowsマシンを実現するためのソフトウェア(VMware Fusion)が無償化